都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

Beginning October 1, GrapeSEED 5 officially reached Unit 10! Over the past two-plus years, we’ve seen these students become more able and excited to share details about themselves and what’s going on in their daily lives, and Unit 10 will further expand their ability to do just that with a focus on shapes, weather, and time.

10月1日にGrapeSEED 5がついにUnit10に到達しました!過去2年以上に渡り、GS5の生徒さんは、日常生活で起こる様々な出来事を表現出来るようになりました。Unit10では、形・天気・時間に焦点を当て、さらに多くの表現が使えるようになります。

 

In it Unit 10 we see many examples of GrapeSEED’s spiral instruction method: previous units introduced words like “yesterday”, “today”, and “tomorrow” as well as days of the week, comparatives, and seasons. Unit 10 reviews all of those concepts and ideas and places them in new contexts, helping students better understand how and when to use them, and strengthening their ability to recall them. For example, in recent units, GrapeSEED 5 has learned how to make sentences like “I’m big, she’s bigger, and he’s the biggest”, as well as “only the grass is shorter than me”, introducing the concept of comparative adjectives. They’ve also learned “Have you ever…” way back in Unit 7. Unit 10 takes these structures a step further, with sentences like “It’s the shortest carrot I’ve ever seen!”

Unit10には、GrapeSEEDの特長であるらせん方式学習(繰り返しながら進む)の多くの例が見られます。例えば、以前のユニットで紹介された「昨日」、「今日」、「明日」などの単語や比較表現、季節などです。 Unit 10では、これらすべての言葉の概念を復習し、新しい文脈の中で生徒がそれらをどのように、またいつ使うのか理解し、使いこなせるように強化します。たとえば、最近の単元でGrapeSEED 5は「私は大きく、彼女はもっと大きく、彼は最も大きい」という文を作成する方法を学習し、「草だけが私よりも短い」という比較形容詞を学でいます。 また、Unit7で「Have you ever…?(これまでに…しましたか?)」を学びました。そしてUnit10では、これらのパターンをさらに一歩進め、「It’s the shortest carrot I’ve ever seen!(これまで見た中で一番短いニンジンだ!)」のような文型を学びます。

 

We also will get into more explicit instruction of possessives, plus mixing of question forms. With the song “Whose is this?”, students will be able to differentiate between and correctly answer “What is this?” and “Whose is this?” and use the possessive “s”, with answers like “This is a giraffe’s neck.”

また、所有格の使い方のより詳しい説明に加え、疑問文との組み合わせなどに発展します。

歌「Whose is This?」で、生徒は「What is this?」と「Whose is this?」を区別して正しく答え、所有格の「s」を使用し、「This is a giraffe’s neck」のように答えます。

1 2

 

 

 

 

 

 

 

 

Unit 10 also continues the introduction of Multiple Letter Phonograms. For many students, one of the most difficult aspects of learning to read and write in English is the existence of these phonograms; the idea that two, three, or four letters, when put together, suddenly create a totally different sound, can be both frustrating and confusing. But by learning them in depth just as they did single letter phonograms, students avoid all of that frustration, and become much more capable and confident with their reading and writing. The expressions we see when students learn that putting “p” and “h” together sounds like “f” are priceless.

ユニット10では、複数形のフォニックス練習も続けて学びます。 多くの生徒にとって、英語で読み書きを学ぶ上で、最も難しいことの一つに、フォニックスがあります。

2つ、3つ、4つとアルファベットの文字を組み合わせることで、まったく違った発音になり、子供たちを混乱させることがあります。 しかし、1文字のアルファベットのフォニックスと同じようにきちんと練習することにより、生徒たちはそのようなフラストレーションなしに、読み書きの能力と自信を高めることができます。 「p」と「h」の音を組み合わせると「f」のように聞こえるということを生徒が気づく瞬間の表情は素晴らしいものです。

 

In the Unit 10 Writers, students will get a chance to put this new Multiple Letter Phonogram knowledge to use, and in the assessment, check their ability to transcribe sentences spoken by the teacher and spell some words using Multiple Letter Phonograms.

ユニット10の”Writers”では、生徒はこの新しい複数文字のフォニックスを応用する機会があり、教師が言った文章を書き起こしたり、複数文字のフォニックスを使用して単語を綴れるか、クラス内で確認します。

3 4

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP