英語ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. イベントブログ
  4. スコップケーキ

スコップケーキ

本日は、サマーイベン7日目です♪
暑い夏に負けないぐらい、元気な子ども達と
スイーツ作りスタートです!

杉之原みずきさんの パッションから 

本日は、ひとりのパティシエさんの紹介からです。
家族など限られた人とは話せるが、学校などでは話すことのできない
「場面緘黙(かんもく)症」という心の病気があります。

滋賀県近江八幡市の人気パティシエ、
〝みいちゃん〟こと杉之原みずきさん(14)も重い症状に苦しむ一人です。

みずきさんとお菓子の出会いは、小学4年生の不登校時に見たインターネットからでした。
レシピを調べてケーキを作ることが日常となり、何かに夢中になる楽しさを知ったのです。

独学でお菓子作りの腕を上げ、クラウドファンディングで資金を募ったところ、
全国から目標を超える支援が寄せられ、
小学6年生の時に、念願の「みいちゃんのお菓子工房」をオープンさせました。

しかし、ここまでの道のりは、決して平坦ではなく、
時に涙を流し、暗闇をさまよったと記事に書かれていました。
側で寄り添い続けた母(千里さん)は、
人前で固まることはマイナスイメージかもしれない。
でも、あの状態のみずきがいるから、ほかにできることがいっぱいあるんだと気付かされた』
と語られていました。

【人には必ず、その人しかできないことがある】
今日、参加されたひとり一人のお子さんも同じです…
お話しをじっーと聴いていた子ども達…何か心に届いたのを感じました。

今日は一人ひとりが素敵なパティシエ

さぁ、ここからみんながパティシエとなって活躍していきます!
4つのグループに分かれ(年齢は縦割り)、
『必ずみんなが何かをし、みんなで作り上げるスコップケーキ』どんなケーキになるのか、
ワクワク、ドキドキ💓

まずは、どんなイメージにしようか⁈をみんなで、話合いました。

 

 

 

 

いよいよ、クッキング開始です~✨

 

 

 

 

少しずつ、イメージ通りに、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成です!

 

 

 

感想は、
難しい部分もあったけれど、頑張ってできて嬉しい😆

小さなお友達がどうやったらできるかな?と考えながらやってみた

みんなで力を合わせて作ったケーキは、超うまい😋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目をキラキラさせて、何かに夢中になる!
これが、行動を起こす原動力になり、やがてパッション(熱い気持ち)に変えられていく…
一人ひとりのお子さんが、どのように大きくなっていくのか、楽しみです♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事