英語ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. EQブログ
  4. 人生に必要な言葉を紡いでいく

人生に必要な言葉を紡いでいく

子どもと関わる仕事をしながら、EQは子どもに必要なスキルだと思ってきましたが、
EQの基礎となるセルフサイエンスの学びを通し、自分にこそ必要なスキルだと感じています。
この学びで、言葉の選び取りの大切さを知り、同じ言葉でも、表現の仕方によって受け取り方も変わり、
本質を伴った言葉は、その後の行動にまで変化をもたらすことを実感しています。

言葉が持つ影響力

言葉について、意識するようになってから、様々な言葉が私の心に留まるようになりました。
その内容について、書き出してみたいと思います。
先日、海外で暮らす友人とコンタクトを取った際に、会話の中で、エッセンシャルワーカー”という言葉が出てきました。使おうという意識したわけでもなく、ごく自然にその言葉を使う友人に、素敵だと心底
思いました。
そして、エッセンシャルワーカーという言葉に、コロナ禍を通し、医療に携わる方々を尊敬し、
賞賛している思いが伝わり、聞いている私も心地良くなりました。

また、セルフサイエンスの特別クラスで話された、《できないことはダメでなく、これからできるようになる
領域》という、ケイコ先生の言葉。
(※米国カリフォルニア州にある世界最先端のSEL教育(Social Emotional Learning) を行う
小中学校シナプススクールにて、SELのスペシャリスト)
できないより、できた方が良いと思っていた私には、目から鱗でした。

そして、娘が産まれた時に、『頑張って』でなく、『大丈夫だから』と言ってくれた義父。
不安で一杯だった私は、この言葉にどれだけ救われたか分かりません。

日本語を活字で表すと漢字、カタカナ、ひらがなで言葉を表現することができます。
漢字を多用するときちんとした印象を受けますが、ひらがなは曲線が多いのでやわらかい印象に
なります。
目で見る活字、耳から入る言葉は、同じ意味合いでも、表現のしかた次第では、違うニュアンスで用いることができるのです。
これは、日本語の特権だと思います。

どのような言葉を紡いでいくか

どのような言葉を選び取れるか…これには、《自分を知る》ということがキーになります。
言葉には、自分が思った以上の感情が反映されてしまいます。
その為、自分の感情に対する賢さが求められます。

言葉には、気持ちを変え、行動を変える大きな力があります。自分の感情と思考を繋げた言葉は、
自分自身の行動を変えることもできるし、他者の行動をも変えることができます。

私は、子どもと関わる仕事をしていますが、我が子も同様に、これからを生きる子ども達の人生に、
活かせる言葉を紡いでいきたいと願っています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事