英語ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. EQブログ
  4. ワクワク感は、エネルギーパワー

ワクワク感は、エネルギーパワー

『早く〇〇しなさ~い!!』と連呼していあの頃、本当に大切なことを
子どもたちが気づかせてくれました!

『早くしなさ〜い‼︎』では、子ども達は動かなかった

皆さんこんにちは、パイオニアで学童を担当しています、滝さおりです。
私の前職は、児童養護施設の職員でした。
擬似家庭を目指し、一つ屋根の下で衣食住を共にし、子どもたちのケアーを行っていました。
いつかは、お父さん・お母さんになる子ども達に、家庭の味を…ということで、
食事は全て、職員が調理していました。
2歳から、18歳までの子どもたち10名を担当し、1日は瞬く間にすぎ、反抗期真っ只中の子ども達は、
こちらの意図に応じるわけでもなく、当時連呼していた言葉は、【早くしなさい‼︎】でした。
この言葉は、好きな言葉ではなく、できるだけ使いたくないとまで思っていながら、
《子どもを動かす》ことに精一杯だった私は、使わざるを得なかったのでした。
ご想像通り、【早くしない‼︎】で子ども達は動くわけではなく、返ってくる言葉は、
《うるさ~い!》であり、私は疲弊していくのでした。

自己の振り返り

週5日の勤務に対し、パワー配分が難しく、
週末は、体が全く動かなくなるほど、疲労困憊していました。
そこで、何がいけなかったのか…私が児童養護施設で子ども達にしたかったビジョンは何だったのか?
原点に立ち返ってみました。
そして、私の言動の間違いが子ども達ではなく、自分自身にあったことに気づかされました。
《子ども達を動かす》ではなく、《自ら動ける》為には、どんな言葉かけが必要か…
そのヒントが、【ワクワク感】にありました。

 

子ども達は、ワクワクすることが大好き!

一番、ショックだったことは、子ども達、一人ひとりを思い浮かべた時に、365日ともにいながら、
子ども達の好きなことが分からなかったことでした。
そこで、10人の子ども達、それぞれが、何が好きなのか?
どんなことをする時に、没頭しているか?どんなことに興味を持っているか?観察しました。
そして、子ども達と話し合い、子ども達がしたいこと、私がこんなところが困っていることについて、
共有をしました。
そこで、10人の子ども達を動かす為のルールを解放し、
子ども達が自ら動ける為に、みんなでスケジュールを考えました。
中高生の願いは、テレビを自由に見たい、外出を増やして欲しい…でした。
私としては、【やるべきことをやってから】
(ここでも、私自身の自分軸が優先され、葛藤しました…)の自由時間だったのですが、
自由=責任という学びも必要だと思い、子ども達に任せてみました。

こうして1ヶ月が過ぎ、ある変化がありました。
それは、子ども達が【やりたい】と思っていることに対し、
【できるようになる】為の工夫をしている姿でした。
そして、私の気づきとしては、
【できるようになる為のプロセスを楽しむ】子ども達の姿でした。
《早くしなさい‼︎》で、結果に急いでいた時の私には、全く気がつくことができないことでした。
やりたいことをしている子ども達の目は、キラキラと輝いており、その時間とプロセスを楽しむ姿に、
人を変えることではなく、自らが変わることを教えられたのでした。

その後…1日が始まる朝、《また、朝が来たか…今日も子ども達との闘いかぁ…》と
身体が鈍りのように重たかった私が、
《今日は、子ども達と何をしよう?》と、目覚ましが鳴る前に起床するまでになりました。
ワクワクすることは、年齢を問わず、大切なパワーの源だと感じました。
視点を変えると、今まで気がつかなったことが視界に入るようになるのですね…

あれから、20年以上が経ちましたが、
今でも、【ワクワクすること】は、私の大切なキーワードになっています♪
現在、学童の子ども達にEQプログラムを提供していますが、
子ども達が『ねぇねぇ、先生、今日のEQは何をするの⁉︎』と
ニコニコしながら聞いてくれる様子が、最高に嬉しい瞬間です!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事