都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

 

On October 1, GrapeSEED6 will begin Unit 7! This unit includes a lot of students’ favorite materials, so it is always fun seeing them encounter songs like “Shiver, Shiver, Brrr!” and “White” for the first time. The students of GrapeSEED 6 are always interested in describing things, so Unit 7 should be especially useful since it focuses on two things we all experience: the weather and birthdays!

来月、GrapeSEED 6クラスではユニット7が始まります!このユニットには、生徒のみんなが気に入る内容がたくさん含まれており、初めて「Shiver、Shiver、Brrr!」や「White」などの歌に出会う子供たちの様子を見るのはいつも楽しいです。 GrapeSEED 6の生徒はいつも英語でどう表現できるかについて興味を持っています。Unit 7は天気と誕生日に焦点を当て、私たちが日常生活の中で使える表現がたくさんあります。

 

Vocabulary words in this unit include “sunny”, “rainy”, “snowy”, “morning”, “noon”, “night”, as well as extremely useful phrases such as “Have you ever…?”, “May I have…?”, “Yes, I will”, “No, I won’t”, plus a greater focus on some very important past tense irregular verbs: “went” and “was”! While these words have popped up in previous units, beginning with Unit 9 there is more emphasis on students using past tense verbs, allowing them to more fluently describe things that have happened to them.

このユニットで紹介されている単語には、「晴れ」、「雨」、「雪」、「朝」、「正午」、「夜」のほか、“Have you ever…?”「今までに…」、, “May I have…?”「 …できますか?」などの非常に役立つフレーズが含まれます。“Yes, I will”,「はい、私はします」、“No, I won’t” …?「いいえ、しません」、さらに、非常に重要な過去の時制の不規則動詞 “went” 「行った」と  “was”「だった」に重点を置いています。これらの単語は以前の単元で登場しましたが、Unit9からは、過去の時制として動詞の使い方に重点が置かれ、生徒に起こったことをより流暢に説明できるようにします。

gs6-1 gs6-2

 

 

 

 

 

 

 

 

For many students, this small step opens up a huge world of possibility when it comes to expressing themselves. For example, students will be learning to describe the current weather (“Today is windy, snowy, and cold!”) AND previous days’ weather (“Yesterday was cloudy and cool.”) The use of past tense is something that upcoming units will place more and more emphasis on as students progress.

これは小さな一歩に見えるかもしれませんが、自分の事を正しく表現できる大きなステップです。たとえば生徒は、今の天気「今日は風が強く、雪が降って寒い!」と前日の天気「昨日は曇りで涼しいかった!」をどのように表現するかを学びます。

更に後続のユニットでは、いろんな時制で表現することがますます必要になり、動詞の時制の重要さを学ぶことになります。

 

Unit 7 will also complete the introduction of single letter phonograms, with “T”, “Y”, and “V”. Students are also expected to use this knowledge to help them spell words both as part of Assembly activities and within their own Writers. Assembly is new to GrapeSEED 2020 and the results we’re seeing in classes already are very encouraging, as students are applying this knowledge of single letter phonograms in a more productive way that helps them not only retain the information, but become better and more comfortable using it.

ユニット7では、「T」、「Y」、「V」を含む1文字のフォニックスも完了します。また、生徒は、このフォニックスの知識を用いて、どのようにスペルを綴るかを学び、Writerの練習で単語を書くことができるようになります。

アセンブリ(グループトランスクリプション:英語の文を聞いて、その文をリピートしながら英語で書く)はGrapeSEED 2020の新しい内容で、私たちは素晴らしい結果をすでにクラス内で見ています。フォニックスを知識として単に習得するのではなく、具体的にスペルを綴ったり、読んだりする時に応用、適応する練習をします。この練習により、生徒はフォニックスを自由自在に使いこなし書いたり、読んだりすることが出来るようになります。

gs6-3 gs6-4

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP