都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

こんにちは。都築区荏田南にあるパイオニアランゲッジスクールに併設された、
学童ジョイフルファミリーの滝です。
Grape SEEDの教材で、必要不可欠なREP(反復練習)ですが、この継続が難しいというお声を
いただきます。
今回は、どのようにしたら楽しく継続できるか、息子の実例で効果があった内容を記載します。
 

【なぜ継続できないか?】

継続できない理由としては、大きく分けて3つあると思います。
①お子さんの意思ではない (将来を見据えた時に、ご両親が必要だと判断され始めた場合など)
②時間の調整が難しい (学校のスケジュール、他の習い事との調整など)
③メンタル面の問題  (つまらない、飽きる、面倒などなど)
 
実際に、息子が始めた際も①②の内容は、最初にクリアするべき項目だと思いましたが、
一番効果があったものは、メンタル面へのアプローチだったのです。
 

【どのように、メンタル面にアプローチをするか?】

メンタル面でのアプローチにより、Grape SEEDのREP=楽しいものになりさえすれば、
例え自分の意思で始めたものでなくとも、やる意味、やり甲斐が生まれ、自ら時間を作ろうとするのです。
 
①REPが大切であることをイメージできるようにする
息子は、年中からGrape SEEDを始めた為、英語に対する理解はありませんでした。
その為、Grape SEEDのレッスンとREPとの関係性を息子が当時好きだった、電車に例えました。
車両部分をGrape SEEDのレッスン、連結部分をREPとし、これはいつもセットであることをイメージできるようにしました。毎日、目的地にまで電車が走る時に、連結部分がないと走ることができないのと同じように、毎日REPをやることが大切だと伝えました。
 
②小さなできた!を共用する
子どもは、順応性という優れた能力を持っています。これを活かし、REPを一緒に聴くことから、一人でできるように移行していきました。幼稚園の頃は、REPのあとは頑張ったことを形にする為、電車シールを一枚、好きなおやつを一つあげていました。
 
③とにかく褒める!
子どもは、お父さん・お母さんに褒めてもらうことが一番嬉しいのです。
褒めてもらうことで、自信がつき、次のステップに向かうことができるのです。
 
④Grape SEEDをすることによって、得られることを具体的に見出す
月齢が高くなると、やることに対し、目的や意味付けをしないと、継続することが難しくなります。息子とは、英語を体得すると、どのように視野が広がるのか、英語を使ってやってみたいことを具体的に挙げ、それを目標にしてみました。
 
小学1年生からは、REPをやる時間を自分で決め、【自分で決める=責任をもつ 】ということを
意識させました。以来、REPは自分自身の生活スタイルの一部になっています。
 
息子は、最初からスムーズにできるようになったのではありません。
スタート当初は、自分の意思で始めたわけではなかった為、『やりたくない』という気持ちも
多々ありました。
『やりなさい』ではなく、一緒にできるプロセスを見つけてあげると良いと思います。
 
お子さまそれぞれの相応しいプロセスで、是非Grape SEED、REPを楽しんでくださいね!
 
 
 詳しくははこちら➔2019年4月開講・先行予約特設サイト

オープンスクールご参加希望の場合は045-949-0857までお問い合わせください。

 
 

 

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP