都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

皆さんこんにちは。横浜市都筑区にある英会話スクール・学童パイオニアの西です。

皆さんはバイリンガル教育と聞いてどんな選択肢が思いつきますか?インターナショナルスクールが頭に浮かんだ方も多いのではないでしょうか。実は、私たちのGrapeSEEDレッスンにご入会いただいた方の中にはそういったインターナショナル系の幼稚園にもともと通っていた方、インターナショナルスクールへの入学を検討していた方もいらっしゃいます。そこで、今回は私たちのGrapeSEEDレッスンとインターナショナルスクールの違いにフォーカスを当てながらお話します。

英語の位置づけ

学校にもよりますが、インタナショナルスクールは在日外国人(ネイティブ)が多く在籍する場合もあり、基本的には英語は話せることを前提に授業が進みます。あくまで様々な科目を勉強する学校なので、英語習得をゴールにしている場ではないのです。そのため、英語が話せない多くの場合はESL(English as a Second Language)という英語が母語でない生徒に行われる特別授業で英語を勉強します。

しかし、そこではESL用のカリキュラムがネイティブ用とは別に確立されているというよりは、ネイティブの子供が使うテキストのより簡単なものをそのままESLに応用している場合も多いです。そのため、「英語を第二言語として習得する」という特有のケースに最適な習い方かというと、必ずしもそうとは限りません。

一方、GrapeSEEDは世界でも珍しいESL生徒専用に教育・言語の専門家たちによって開発されたカリキュラムなので、その特徴をよく理解して内容が構成されています。GrapeSEEDのゴールは第二言語として英語を学ぶ子供が、まるで母語のように自然な英語を習得すること、それによって子供たちの可能性を飛躍的に伸ばすことです。

 

環境

環境は言語習得において大変重要なポイントになります。インターナショナルスクールの場合、学校生活の中で日常的に英語に触れることができるのは大きな魅力ですよね。その一方で、日本でインターナショナルスクールに通う場合に注意したいのが、学校以外の言語環境です。ネイティブのお子さんは家庭内でも英語環境がありますが、日本人のご家庭ではそうでない場合が多く、それがインターナショナルスクールに入って難しさを感じる原因の一つになりやすいです。

また、これは帰国子女にもよくあるパターンですが、英語を話すことが当たり前の環境で生活をすることで、ナチュラルな英語を話せるようになるのですが、意外と基礎が抜けやすいのも気を付けたいポイントです。

GrapeSEEDの場合、インターナショナルスクールに比べて時間は限られるものの、週3回以上のシステマチックかつアクティブなオールイングリッシュのクラスと、家庭での英語学習と環境づくりをサポートする教材の抱き合わせにより、日本の環境で育ちながらでも効率的に英語の4技能を基礎から習得することができます。

 

お費用

インターナショナルスクールに通わせる場合、だいたい年間で100万円~お費用がかかり、さらに日本の勉強の補習を塾などで補うとなるとお費用もさらに加算されることになります。またお費用面以外にも、内容も言葉も違う外国と日本の勉強を両立させるのはなかなか大変です。GrapeSEEDでは教材費を含めても年間37万円~受講が可能ですので、バイリンガル教育を行うにはコストパフォーマンスも良いと言えるかと思います。

 

インターナショナルスクールでは英語の要素以外にも、日本の教育にはない経験をすることが出来たり、環境に応じて向き不向きもあると思うので、どちらの方が良いと一概には言えませんが、英語を本格的に習得させたい!と思われている方はGrapeSEEDも一つのオプションとしてとてもオススメです。

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP