都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

皆さん、こんばんは。学童・ジョイフルファミリーの滝です。
私自身は学童のスタッフですが、今回は,Grape SEEDを学ぶ子どもを持つ母親目線で、
お伝えしたいと思います。
 
実は…息子が年中からGrape SEEDを始める際に、まだ語彙力が乏しい中、果たして英語を
理解できるだろうか?という不安がよぎったことを鮮明に記憶しています。
Grape SEEDのレッスンとREP(自宅でCDを聞くことによる反復体験)の相乗効果が、
どのように形になっていくのか想像がつかず、ある意味、未知の世界に踏み込んだ状況でした。
しかし、時を経て次の事を実感として得ることができました。
 

【発音の綺麗さ!】

始めてから、まず数ヶ月気付いたこと、それは発音の綺麗さです。
大人には聞き取りにくい音を正確に掴み、クラスの中でも先生がフォニックスの音出しを
丁寧に教えるという効果も大きいのだと思います。
 

【体感を通して、語彙力を増やす】

幼稚園の年中から一年生の頃は、まだ日本語としての語彙力が乏しい中、どのように理解し、言語の獲得をしているのだろう?と思っていました。その秘密がGrape SEEDのレッスンにあったのです。
先生達は、【これは、こういう意味です】とは言いません。子ども達がどのような例えをしたら、
理解できるか?常に考え、工夫をしています。その結果、その言葉の意味と使うシチュエーションが分かってくるようです。
そして体感の世界に、息子も引き込まれていきました。
体感を通して得たものは、非常に後に残りやすく、自宅でのREP(反復練習)をする中で、
定着していくことを実感しました。
また、付属のDVDでは、レッスンで今ひとつしっくりこなかった箇所が、映像を通してクリアーに
なることが多かったです。
 

【できた!による自信】

息子は、少し引っ込み思案なところがあり、レッスン中も、手を挙げての発言が苦手でした。
場合によっては、発言せずに終えることも多々あったようです。その様子に対して、
先生は『発言できる機会』を設けてくれました。小さな出来事が非常に嬉しかったようで、
発言できた喜びを報告してくれました。
これを機に、できるかな?からできるかも⁈になり、できる!という自信に繋がっていきました。
 

【継続は力なり!】

これは、Grape SEEDのレッスンを通して、息子自身が体感したことです。形になるまでに時間がかかりますが、コツコツ積み重ねたものは、必ず形になるというが、良く分かったようです。
Grape SEEDは、単に英語力だけを体得するだけではなく、子どもの精神面での成長、相手を思いやるコミュニケーションの大切さも学んでいると感じています。
 
私が、感じことを記載しましたが、いかがでしたでしょうか?
お子さまは、沢山の可能性を秘めています。その可能性の扉を開いてあげることも、とても大切なことなのです。
是非、皆さまもご一緒に、Grape SEEDの世界を楽しんでください!
 
 

これからGrapeSEED学ぶにはどうしたらいい?

2018年9月1日より、2019年4月開講クラスの先行予約が開始になります。GrapeSEEDとは一体どんなプログラムなのか?一度体験してみたい!そんな方々のために今年は、無料体験ワークショップを都筑公会堂で実施します。また10月20日(土)はオープンスクールと題したカリキュラム説明会があります。当日はGrapeSEEDの本部Grape Cityからエバンジェリストの方をお招きし、GrapeSEEDについて詳しく説明頂きます。ワークショップ、オープンスクール共に奮ってご参加下さい!

詳しくははこちら➔2019年4月開講・先行予約特設サイト

オープンスクールご参加希望の場合は045-949-0857までお問い合わせください。

 
 
 
 

 

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP