都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

こんにちは。
荏田南にある英会話スクールに併設された、学童ジョイフルファミリーの滝です。
 
先日、Yahoo!ニュースに女優でいらっしゃる加藤貴子さんのブログ内容が掲載されていました。
内容は、次の通りです。
加藤さんはブログの冒頭で、「不覚にも、子供たちを保育園にあずけたあと、泣いちゃいました」と告白。原因は「自分の理想と現実のギャップ」といい、「不甲斐ない自分への苛立ち。苛立ちを3歳の息子やトトにぶつけてしまう自己嫌悪。あげれば切りがないほど、理由は溢れてきます」と吐露されてありました。
女優さんというある意味、見られる立場にいらっしゃる方が、ご自身のこと、しかも楽しい内容でないものを公開することに対し、勇気も必要だろう…と感じました。
しかしながら、掲載記事を見た視聴者の一人として、記事から共感を得、【自分だけではないのだ】という安心感、気持ちのリセット、希望などをもらいました。
 
私自身も、子育てに対し、日々奮闘中です!そして、上手くいかない時、保育士なのに…
EQを提供する側なのに…と自己嫌悪に陥るのもまた事実です。
そのような中ではありますが、本日は、子育てに活かせる【感情のラベリング】をご紹介したいと
思います。
 
【感情のラベリングとは】
皆さんは、スーパーで買い物をする際に、どこにどのような商品が陳列されているか、
通路上に案内が出ているのをご覧になったことがあると思います。
『〇〇の商品は、ここですよ!』と同じように、目に見えない感情を「見える化」するテクニック
です。
 

お子さまの気持ちを聞いてあげる

 
様々な出来事で生じた感情に対し、聞いてあげることで、安心感が生まれます。一通り話を聞いた後、具体的にどのような感情が芽生えたのか聞いてみると良いです。
 

抱いた感情に名前を付ける

 
【嬉しい】【悲しかった】【悔しかった】【辛かった】などの感情をお子さまとの会話 の中で、
【嬉しいね・悲しかったね・悔しかったね・辛かったね】と言葉でフィードバックしてあげます。
お子さまは、それぞれの感情を認識することができ、自分自身が置かれている立ち位置を明確に
知ることができます。お子さまと一緒に確認する中で、共感力も生まれ、お子さまも気持ちの整理ができることでしょう。
 

どのような方法を選び・活かすか

 
自分自身の立ち位置が分かった後、次に必要なことは、『自分はどうしたいか?』です。
・楽しい気持ちになれる為には、どうしたら良いかな?
・次にどのような事を意識したら良いのかな?
など、具体的にしてみると分かりやすいです。
【ゲームの攻略】のような感覚で、楽しみながらやるとお子さまもチャレンジできると思います。
 
自分自身の感情を正しく認識することは、大人でも難しいことです。
それが、小さなお子さまでは尚更のことです。是非、楽しんで攻略してみてくださいね!
 
 

8月17日(金)まで開催中のパイオニアのサマースクールの追加募集を現在、受け付けています!

参加をご希望の場合は045-949-0857までお問い合わせください。

▶イベントカレンダー

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP