都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

こんにちは。
荏田南にある英会話スクールに併設された、学童ジョイフルファミリーの滝です。

日本人が持つ英会話に関する勘違い

なぜ、日本人は英語が話せないのか…?
これは、私がずっと疑問に思っていたことでした。
それは、英語は勉強するもの=学問であるというイメージを持っていたことに起因します。
そのため、英語というとIQ(知能指数)ばかりに目がいきがちになり、英語ができる人=【頭が良い人が習得できるもの】と思い抱いていたからです。
英語を「頭が良い人が習得できるもの」と感じてしまう背景には、このIQ志向の考え方があると言えます。特に、日本の教育システムでは暗記力が高く、テストで高い点数が取れる人が優秀だと判断する傾向があります。
 
日本人の多くが、英語を学ぶ際に、テストの点数をとることが目的になり、暗記重視の勉強に頼り過ぎています。知識は増えても、英会話としての実力が上がらないというジレンマに陥るのは、そうした教育スタイルに染まっていることも、一つの要因ではないでしょうか。
 
このように考えると、英会話力を伸ばすには、IQはあまり関係ないのかもしれない…という思いに至りました。では、何が必要なのか。それはEQ(心の知能指数)なのです。
 

英語とEQの関係とは?

英語にはEQが関わっており、特に実践英会話では、IQ(知能指数)よりもEQ(心の知能指数)のほうがよほど大事だと親しい友人が話をしていました。

まず、 EQについて簡単にご説明します。

【心の知能指数】
(こころのちのうしすう、英: Emotional Intelligence Quotient、EQ)は、心の知能 (英: Emotional Intelligence、EI) を測定する指標である。心の知能とは、自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能を指す。
 
ではなぜ、英語にEQが関わってくのでしょうか?
それは、英語はコミュニケーションに使うための道具だからです。コミュニケーションは相手がいてこそ成り立つものです。日本語でのコミュニケーションでもそうですが、会話や人間関係を円滑に進めるには、「自分が何が言えるか」よりも「相手のことを考えて、どのような態度で人に接するか」という側面のほうが重要になります。
 

 EQをどのように英語のコミュニケーションに活かすか?

さていざ実践!となった際に芽生える感情は、恐怖や恐れ、不安ではないでしょうか…。
それは、【間違ったら困る】という正解を求めるあまり、一歩を踏み出す機会を逃してしまうのです。
 
【完璧になるまで話そうとしない】は、ある意味自分でハードルを上げてしまっているのかもしれません…。自信がないためにそういった受身の行動に走ってしまうのですが、それでは本来の目的であるコミュニケーションが成り立たなくなってしまいます。
 
そこで、【相手のことを思いやる心をもち、英語を学んでみる】在知っている範囲の語彙の中から、それらを使ってどのように円滑にコミュニケーションがとれるかを考えてみることです。
 
・どのような語彙を使ったら、相手に伝わりやすくなるだろうか。
 
・どんなリアクションや合槌をうったら、相手が好感をもってくれるか。
 
このような経緯の中で、【相手が理解してくれた!】【相手に伝えられた!】の喜びが共感力をうみ、人を媒体として視野が広がるのでしょう。
さらに、【相手に笑ってもらえた!】【友達を励ませた!】から自分の存在価値、自分らしく生きるという、ノーブルゴールに繋がるのではないでしょうか。
 
今回は、個人的な見解も含まれる内容でしたが、最後まで、ご覧いただきありがとうございました。
 

【パイオニアのサマーイベント】~この夏、英語を上達させよう!~

HP用バナー2

7月23日~8月17日に英会話パイオニアのサマーイベントが開催されます!

幼稚園生(年長)~小学生(小3)を対象とした、夏休み特別プログラム。

オールイングリッシュのバイリンガルカリキュラム体験や、ライティング、フォニックスの強化ができちゃいます! その他にも、理科の実験、クッキング、ダンス、クラフトなど、楽しいクラスが盛りだくさん!

会員の方も、そうでない方もお申込みOK★ 定員になり次第受付終了となりますので、お早めにお申込みください!

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

▶詳しくはこちら!

 
 
 
 

 

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP