都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

こんにちは。
荏田南にある英会話スクールに併設された、学童ジョイフルファミリーの滝です。
 
皆さんは、【ネガティブ感情】【ポジティブな感情】とどちらがお好きですか?
きっと、迷いもなく【ポジティブな感情】と答える方が大半ではないでしょうか。
 
どちらの感情も、とても大切なのですが、ネガティブな感情は、
いつまでも脳裏に焼きついている…
心がモヤモヤする…という疑問がありませんか?
そこで、脳の不思議を紐解いてみたいと思います。
【なぜ、ネガティブな感情は、頭から離れないか?】
人間は、ネガティブな感情をより長く覚えていくように、脳が変化してきました。
恐怖や怒りを抱くような状況は、命に関わる割合が多く起こることを意味しています。
つまり、基本的にネガティブな感情の方が重要だと脳は判断しているのです
 
【ポジティブな感情は、記憶に残りづらい?】
その反対に、ポジティブな感情は、すぐに忘れてしまうといいます。
それは長く覚えていると、生存に必要なものを追い求めなくなるため、
不利になってしまうというわけです。
 
ネガティブな感情の方が、ポジティブな感情より、優勢に覚えているのは、
人間が生きるために獲得した、拭いがたい脳の性質なのかもしれません。
 
【1日10秒、楽しいことをイメージしてみましょう】
しかしながら、脳は変化することもまた事実です。
毎日10秒〜30秒、ポジティブなことをイメージするだけで、
だんだんポジティブな気持ちが思い起こされていきます。
ポジティブな気持ちになったら、その気持ちに集中してみることです。  
意識を内側(自分)に向けること。
意識➡︎気づき➡︎継続
 
そうなると…
・怒られた→腹が立つ or 有難い
・断られた→落ち込む or 力が出る
・笑われた→恥ずかしい or バネになる
・無視された→怒る or 成長のチャンス
・結果が出ない→諦める or 改善のチャンス
・問題が起きた→なんで自分が or 良くなるチャンス
 
出来事は1つですが、『感じ方』は無限にありますね!
是非、脳トレをしてみてくださいね。
 

【パイオニアのサマーイベント】~この夏、英語を上達させよう!~

HP用バナー2

7月23日~8月17日に英会話パイオニアのサマーイベントが開催されます!

幼稚園生(年長)~小学生(小3)を対象とした、夏休み特別プログラム。

オールイングリッシュのバイリンガルカリキュラム体験や、ライティング、フォニックスの強化ができちゃいます! その他にも、理科の実験、クッキング、ダンス、クラフトなど、楽しいクラスが盛りだくさん!

会員の方も、そうでない方もお申込みOK★ 定員になり次第受付終了となりますので、お早めにお申込みください!

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

▶詳しくはこちら!

 
都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP