都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

こんにちは。都筑区にある英会話教室、パイオニアランゲッジスクールの西です。

今日はフォニックスについて少しお話しようかと思います。

 

そもそも、フォニックスって何かご存知ですか?

英語にはA~Zまでの文字がありますが、これらのアルファベットには「文字の名前」「文字の音」があります。「エー、ビー、シー」と言っているのは文字の名前です。そして、例えばBの文字の音「ブッ」の1つ、Cの文字の音「クッ」「ス」の2つ。この様に、実際にその文字をどう発音するか、音の規則性を学ぶのがフォニックスです。

 

日本語にはこのような概念がないので、いまいちピンとこない方が多いのではないでしょうか?でもだからこそ、第二言語として英語を習うなら、このフォニックスをしっかり勉強することがオススメです。その理由は、フォニックスを知っているだけでリーディングとライティングが格段に楽になるから

 

日本語は1音が母音で構成されていて(例:か=KA)、聞こえる音(KA)=文字(か)のように音と文字が合致します。だから、ひらがなやカタカナなら読めないとか、書けないことはないですよね。

 

それに対し、英語は子音で終わる単語や、子音子音という単語(例:First)がたくさんあります。更に、「クッ」と発音する方法は「C」「K」「CK」などいくつもありますし、「A」だけでも音は4つあります。そう、英語は日本語と比べてとにかく音が多いのです。

 

だから、ネイティブだって初めて聞く単語はスペルが出来ないことがよくあります。でもなんとなく、近いスペルは書けるんです。近い読みもできます。何故なら、それぞれの文字や文字の組み合わせに、どんな音があるか分かっていて推測できるから。逆に、英語はこの「音」が分からなければ日本語以上に読み書きは難しい言語です。

 

ネイティブでも一筋縄ではいかない英語の「音」。これをシステマチックに覚えることが出来るのがフォニックスです。フォニックスの知識を応用することで、より自由に読み書きができるようになります。パイオニアではパイオニア グレード コースでフォニックスをより集中的に練習することが出来ます。「伸び悩んでいるな・・・」そう感じた時フォニックスを見返してみるといいかもしれません。

 

友だち追加
LINEお友達追加でお得な情報をお届けします★是非ご登録ください!

【サマーイベントのお知らせ】~この夏、英語を上達させよう!~

HP用バナー2

7月23日~8月17日に英会話パイオニアのサマーイベントが開催されます!

幼稚園生(年長)~小学生(小3)を対象とした、夏休み特別プログラム。

オールイングリッシュのバイリンガルカリキュラム体験や、ライティング、フォニックスの強化ができちゃいます! その他にも、理科の実験、クッキング、ダンス、クラフトなど、楽しいクラスが盛りだくさん!

会員の方も、そうでない方もお申込みOK★ 定員になり次第受付終了となりますので、お早めにお申込みください!

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

▶詳しくはこちら!

 

 

 

 

 

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP