都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

こんにちは。都筑区にある英会話スクール、パイオニアランゲッジスクールの西です。今日はたくさんのお母さんが疑問を持たれる、英語教育に最適な時期についてお話します。

 

「英語教育は小さいうちに始めるといい」というのはよく耳にするかと思います。

では、なぜ早いほうがいいのか?

この答えはいつ母語が決まるのかということと関係してきます。

 

大きくなっても決して語学の勉強はできないわけではありません。むしろ、大人になってからの方が理解力もあって、早く覚えられそうだと思いませんか?実は、文法や語彙力などはそれでも十分強化していくことが可能です。しかし、大人になってからでは英語を英語で処理する感覚を持つことが非常に難しくなります。無意識に英語を日本語に変換させている・・・そんな経験ありませんか?

 

実は、言語形成期は0歳~10歳の間といわれていて、その間に人間の脳は母語となる言語を決めていきます。生まれたての赤ちゃんはどんな言語の周波数も聞き分けてしまう能力がありますが、その能力は徐々に失われていきます。そして、一度「私の母語はこれだ!」と決め切ってしまうと、人間変わるのはなかなか難しい。どんな言語を聞いても日本語に当てはめよう、当てはまらなければ雑音ということにしよう、と脳が判断していってしまいます。

 

では、母語が決まる前の0歳~10歳に英語を始めるとどうなるでしょうか?多くの日本人が「母語は一つ」と当たり前のように思っているかもしれません。でもそんな決まり、小さい子供にはないんです!母語が決まる前に英語と日本語を入れてしまえば、その二つが母語になります。母語になるとはどういうことか?それはその言語をその言語のまま処理するということだと思います。

 

これは私の実体験からも思うことですが、英語を英語で処理するメリットは

速さ+ナチュラルさ=英語でのコミュニケーション力

だと思います。私も日本に帰ってきて「訳す」機会が増えましたが、日本語にとらわれて英語を話そうとすると言葉に詰まります。

 

というわけで、いつが始め時?と迷っている方がいれば、英語は10歳までに始めることをおすすめします。そして、その時のポイントは「聞く」「話す」を重視することです。「読む」「書く」は論理的思考が育ってくる10歳以降でも間に合いますが、「聞く」「話す」は理屈ではなく感覚で覚える方が断然ナチュラルです。

 

今しかできないことはなにか?これはいい判断基準になると思います。

 

【サマーイベントのお知らせ】~この夏、英語を上達させよう!~

7月23日~8月17日に英会話パイオニアのサマーイベントが開催されます! 幼稚園生(年長)~小学生(小3)を対象とした、夏休み特別プログラム。

オールイングリッシュのバイリンガルカリキュラム体験や、ライティング、フォニックスの強化ができちゃいます! その他にも、理科の実験、クッキング、ダンス、クラフトなど、楽しいクラスが盛りだくさん!

会員の方も、そうでない方もお申込みOK★ 定員になり次第受付終了となりますので、お早めにお申込みください!

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

▶詳しくはこちら

 

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP