都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール)

英語力×心の成長

英語が日常的に使われない日本でもバイリンガルを目指せるよう、3つのプログラムを導入しました。英語を母語のように体感で学びながら、たくさんのアウトプットを行うGrapeSEED。アウトプットに必要なインプットを効率よく行うインプットラーニング。そして、ただ2か国語を操るだけではない、真のバイリンガル育成のためにEQでは心の教育を行います。英語力をより強化しながら、グローバルに活躍できるマインドも育てるのがパイオニアの学童です。

「総合力」を高め、真のバイリンガルを育てる。

GSロゴ200②バイリンガル育成カリキュラムを使った英語のレッスンを毎日受けるので、学童に通いながらナチュラルな英語を身に付けることができます。また、別途に宿題(REP)の時間もあるのでご家庭の負担が少なく続けることが出来ます。
▶詳しくはこちら
0723-1

ILロゴ2英語力に差をつけるインプットの量。パイオニアの学童ではREPの徹底と、充実した多読プログラムで不足しがちなインプット量をしっかりと補うことで、より自由に英語を使いこなすことが出来るようになります。
▶詳しくはこちら
edited13

EQロゴ2 EQでは継続力・感情のコントロール・コミュニケーション力などIQでは測ることができない「非認知能力」を鍛えることで、英語レッスンの効果を更に高め、グローバル人材として大切なマインドの育成を行います。
▶詳しくはこちら
edited17

ILロゴ300

英語学習において、鍵となるのがインプットの量です。この授業では、インプットを重点的に補足することで、言語習得の土台を強化し、より4技能のバランスがとれたバイリンガルの育成を目指します。

養われる力ロゴ250●読解力 ●集中力 ●語彙力 ●構文力 ●リスニング ●ライティング ●発音

今注目されている多読の効果をより引き出す3つのステップ!

1000冊のデジタルブックにレベルに合わせて挑戦できる!

アメリカの小学校で使われる様々なジャンルの本を採用!

ストーリー毎のワークブックでライティング練習もできる!

IL①

IL②

IL③

GrapeSEEDの効果を最大限に引き出すために欠かせないのが宿題のREP。REPとはRepeated Exposure Practiceの略で、「反復練習」のことです。テキストを見ながら繰り返しCDを聞くことが、クラスでのアウトプットを増やすことに大きく影響します。このクラスではREPの時間を設け、やり方などのチェックも行います。

EQロゴ230近代の技術進歩により脳の活動が解明される中で、「感情」と「思考」は脳の機能として密接に関わり合っていること、社会活動における様々な課題に「感情」の視点を組み入れることで、目的が達成されやすくなることが科学的に証明されています。また、IQ(知能指数)が遺伝的な学習能力であるのに対し、EQ(感情知能指数)はトレーニングすることで誰でも開発することができ、活用することで生活・仕事・人生を成功へと導くことができます。

受け入れ小学校一覧

東市ヶ尾小学校・都筑小学校・あざみ野第二小学校・黒須田小学校・南山田小学校・中川西小学校・荏田南小学校・荏田東第一小学校

上記以外の学校の場合もご相談ください。

都筑区センター南にある英会話スクールはPioneer Language School(パイオニアランゲッジスクール) PAGETOP